かつおだしの素(箱入)(50包入*2箱セット)【マルシマ】,/,/cupbearer648854.html,かつおだしの素(箱入),www.klantenproef.nl,食品 , 調味料 , だし , その他,マルシマ,1638円 1638円 マルシマ / かつおだしの素(箱入) かつおだしの素(箱入)(50包入*2箱セット)【マルシマ】 食品 調味料 だし その他 かつおだしの素(箱入)(50包入*2箱セット)【マルシマ】,/,/cupbearer648854.html,かつおだしの素(箱入),www.klantenproef.nl,食品 , 調味料 , だし , その他,マルシマ,1638円 1638円 マルシマ / かつおだしの素(箱入) かつおだしの素(箱入)(50包入*2箱セット)【マルシマ】 食品 調味料 だし その他 マルシマ かつおだしの素 箱入 いつでも送料無料 2箱セット 50包入 マルシマ かつおだしの素 箱入 いつでも送料無料 2箱セット 50包入

マルシマ かつおだしの素 箱入 メーカー再生品 いつでも送料無料 2箱セット 50包入

マルシマ / かつおだしの素(箱入) かつおだしの素(箱入)(50包入*2箱セット)【マルシマ】

1638円

マルシマ / かつおだしの素(箱入) かつおだしの素(箱入)(50包入*2箱セット)【マルシマ】



お店TOP>フード>だし・乾物・海藻>だし類>かつおだし(化学調味料無添加)>かつおだしの素(箱入) (50包入*2箱セット)

【かつおだしの素(箱入)の商品詳細】
●すぐお湯に溶けこみ、手軽で簡単です。
●澄みが良い。
●良質のかつお節をメインに昆布、醤油の風味を生かした天然のだしの素です。
●調味料(アミノ酸)は、植物性蛋白を発酵法にて製造しています。

【使用方法】
・みそ汁・めん類・天つゆ・煮物・鍋物・茶わんむし・煮込ごはん・おでん・湯豆腐など和風料理に、又、洋風・中華料理にも幅広くご利用下さい。
・本品1袋(10g)のご使用の目安
みそ汁のだし(5人分):750cc
めんのかけつゆ1人分:250cc
おでんのだし(5人分):1000cc
煮物のだし(5人分):750cc
めんのつけつゆ(2人分):100cc
鍋物(5人分):1500cc

※お好みによりだしの素の量を増減してお使い下さい。風味を生かすには熱をかけ過ぎないことが大切です。

【召し上がり方】
・本品1袋(10g)のご使用の目安 (お好みにより使用量は調整してください。)
みそ汁のだし5人分・・・750cc
めんのかけつゆ1人分・・・250cc
おでんのだし5人分・・・1000cc
煮物のだし5人分・・・750cc
めんのつけつゆ2人分・・・100cc
鍋物5人分・・・1500cc

【品名・名称】
風味調味料

【かつおだしの素(箱入)の原材料】
ぶどう糖、食塩、風味原料(かつおぶし粉末、こんぶ粉末)、調味料(アミノ酸等)、粉末醤油(大豆、小麦を含む)
【栄養成分】
1袋(10g)当り
熱量:25kcal、たんぱく質:1g、脂質:0g、糖質 5g、ナトリウム:1.4g
【アレルギー物質】
小麦・大豆
【保存方法】
高温多湿を避けて保存して下さい。

【注意事項】
本品には合成保存料・合成甘味料・合成着色料は使用しておりません。

【原産国】
日本

【ブランド】
マルシマ

【発売元、製造元、輸入元又は販売元】
純正食品マルシマ

リニューアルに伴い、パッケージ・内容等予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。

(鰹だし)

・単品JAN:4978326300202

純正食品マルシマ
722-0051 広島県尾道市東尾道9番地2
0848-20-2506

広告文責:グループ株式会社
電話:050-5577-5043

[調味料/ブランド:マルシマ/]

マルシマ / かつおだしの素(箱入) かつおだしの素(箱入)(50包入*2箱セット)【マルシマ】

')

<title>マルシマ かつおだしの素 箱入 いつでも送料無料 2箱セット 50包入 " name="keywords"/> " name="description"/>
English

研究所概要

基礎生物学研究所は、生物現象の本質を分子細胞レベルで解明することをめざし、細胞生物学、発生生物学、神経生物学、進化多様性生物学、環境生物学、理論生物学、イメージングサイエンスの7つの研究領域にわたる幅広い研究活動を行っています。

研究所概要

基礎生物学研究所は、生物現象の本質を分子細胞レベルで解明することをめざし、細胞生物学、発生生物学、神経生物学、進化多様性生物学、環境生物学、理論生物学、イメージングサイエンスの7つの研究領域にわたる幅広い研究活動を行っています。

自然科学研究機構

総合研究大学院大学

大学連携
バイオバックアップ
プロジェクト

調達関連情報